練馬区バイク買取、50cc原付の定額買取り

練馬区で不要になったバイク、原付スクーターの売却依頼はバイクライフ21まで。

原付スクーターを中心に、動かないバイク、古いバイク、長期放置の大型バイクも買取り対応車種が多数!

 

 

練馬区で売却の依頼、成約があるバイクになります。エンジン始動ありのバイクから、長期放置の原付スクーターなど。乗らなくなったのに税金を払っていませんか?

バイクの長期保管も大変!他社では有料処分、無料処分になる状態のバイク、原付スクーターの買取もお任せ下さい。

50cc原付スクーター売却

弊社で売却の依頼、成約の一番多いバイクが原付スクーターになります。販売台数が多いので当然ですが、動かない原付スクーター、長期放置、古い原付スクーターも売れるバイクが多数あります。バイクの状態が悪く、0円査定になる場合もありますが、無料処分対応もしています。無料処分でもクオカードをプレゼント。※事故車、エンジンの焼き付きは売却不可になる車種が多いです。

 

ホンダ トゥデイ
ホンダ トゥデイAF61、67
練馬区で買取りしてるバイクNo.1はホンダトゥデイになります。買取り依頼、見積りも多い車種ですが、発売からの年月がかなり経過してますので、状態が良い車体は少ないです。買取りバイクの8割は不動車になります。買取りの平均価格帯は3000円~20000円

ホンダトゥデイAF61は、2002年に10万円を切る94,800円(税抜)で販売開始。低価格の理由は中国での生産。ただし、中国生産に伴う品質管理に問題があり、一車種としては異常ともいえる件数のリコール・改善対策が行われている。

エンジンが止まる、始動不良、外装の塗装剥がれなどの問題がある。発売開始から大ヒットし、発売から15年経った現在でも現役で走行してるバイク。最新はAF67のトゥデイになるが、2016年に生産終了が発表された。

 

 

ヤマハ JOGシリーズ
ヤマハ JOG 2サイクル
2番目に売却の依頼、成約が多い原付スクーターになります。基本的にヤマハJOGは全て買取り対応バイクになります。不動車、長期放置も対応しています。ヤマハJOGは型式が多数ありますので、査定金額は型式によって変わります。古くても売る事ができる車種です。買取りの平均価格帯は3000円~50000円
ヤマハの原付と言えばJOGと言われるぐらいのロングセラーバイク。モデルチェンジを繰り返し、2サイクル、4サイクルなど多数のモデル、年式がある。写真はJOGアプリオになります。ジョグアプリオ、ポシェ、ZRなど

 

 

ホンダ ディオシリーズ
ホンダ ディオ 2サイクル、4サイクル
売却依頼、成約バイクの3番目はホンダディオになります。2サイクルのディオは、ライブディオは買取り対応バイクになりますが、初代ディオ、スーパーディオは、実動車のみになります。4サイクルディオは実動車は買取り対応ですが、エンジン故障は売却不可になります。買取りの平均価格帯は3000円~25000円
ホンダの原付スクーターと言えばディオ。ロングセラーバイクになります。ヤマハのJOG同様、多数の型式、年式のモデルがありますので、型式によって査定金額も変わります。写真は2サイクルのライブディオになります。

 

 

スズキ レッツシリーズ
スズキ レッツ、レッツ2、レッツ4など
スズキのレッツシリーズも買取り対応車種です。2サイクルのレッツ、レッツ2、4サイクルのレッツ4、レッツは買取り対応しています。現在は4サイクルレッツ4の売却依頼が多いです。買取りの平均価格帯は3000円~30000円
2サイクルのレッツは、初期型、中期型、後期型があり、レッツ、レッツ2に分かれる。初期型のレッツは型式CA1KA/Bになり、中期型はCA1PA/Bになる、外観も微妙に違っており年式によっても違う。写真のレッツ2は中期型のCA1PAになる。

 

その他の買取成約バイク

5 ホンダ カブシリーズ スーパカブ、プレスカブ、リトルカブなど
6 スズキ アドレスシリーズ
7 ホンダ スクーピー
8 ホンダ ズーマー
9 Sym Xpro
10 ヤマハ ビーノ
11 ホンダ ジョルノ

 

 

原付2種(排気量50~125cc)の売却

練馬区では原付2種バイクの買取、成約も多いです。原付2種は各メーカー、多数のモデルがありますので、全ては記載できませんが、以下は売却の依頼、成約の多い車種になります。

 

ヤマハ アクシス100
ヤマハ アクシス90、100、125
売却の依頼、成約の多いバイクになります。排気量は50、90、100、125があり、グランドアクシス100は買取り強化中のバイクになります。状態が悪くても対応しています。排気量50、90、125も売る事ができる車種です。買取りの平均価格帯は5000円~50000円
アクシスは排気量50、90、100、125があり、最新のアクシスはアクシストリート(排気量124cc)になる。アクシス50、90、100は2サイクルになり、現在は生産されてない。アクシス100は、台湾ヤマハで生産されてものを正規輸入で低価格販売。軽量のボディーに12インチホイールを装着。

 

 

スズキ アドレスV125
スズキのアドレスV125
売却の依頼が一番多いのがアドレスV125になります。スズキのヒット車になりますので、登録台数も多いです。2サイクルのアドレスV100、110も売却の依頼は多いですが、古い型式になりますので、状態が悪い場合は売却不可になります。アドレスV125、110などの4サイクルアドレスは、買取り強化バイクです。買取りの平均価格帯は5000円~50000円
アドレスV125はアドレスV100の後継機として2005年に発売。発売からビックヒットとなり、125ccクラスで人気NO.1になる。
年式により多数のモデルが存在し、国内生産、台湾製が存在する。また、アドレスV125、V125G、V125S、V125Sベーシックなどがある。

 

 

ホンダ スペーシー100
ホンダ スペーシー100、125
スペーシー100は売却の依頼、成約の多いバイクになります。排気量100、125は買取り強化してるバイクになります。不動車、長期放置でもOK!書類紛失、カギ無し、走行距離も関係なし、シート破れ、パンクなどもOKです。買取りの平均価格帯は5000円~40000円
2003年にホンダから発売される。製造は中国の五洋ホンダで行われ、ホンダが輸入する形で国内販売。100ccの排気量で空冷4ストロークエンジン。スペーシーには排気量50、80、100、125のシリーズがある。スペーシ100の発売価格は19万9千円。

 

 

ホンダ リードシリーズ
ホンダ リード90、100、110、125
2番目に買取りしてる原付2種はリードシリーズになります。2サイクル、4サイクルのモデルがあり、排気量も多数あります。古い2サイクルのリード90、100は状態が悪くても売却対応しています。不動車もOK!4サイクルリードは、動かなくても、状態が悪くてもお問合せ下さい。買取りの平均価格帯は5000円~80000円
ホンダの原付スクーターの中でも上級モデルになるのが、リードになります。大きな車体が特徴で、排気量も50、80、90、100、110、125があります。4サイクルのリード100は中国生産、リード125はベトナムでの生産になります。

 

その他の買取成約のバイク

5 ヤマハ シグナスX、125
6 ヤマハ アクシス90、100、125
7 スズキ アドレスV100
8 ホンダ PCX
9 ホンダ スーパーカブ70、90
10 Sym グランドディング125、Xpro100
11 ベスパ 50S

 

廃車手続きも完全無料

書類紛失、他県登録ナンバーのバイク買取、廃車手続きも完全無料で対応。廃車手続き完了後に書類を郵送なので安心。陸運局での廃車手続きも無料です。自賠責保険の解約にも対応。

 

練馬区で買取りしたバイクの写真

売却して頂いたバイクの写真になります。バイクの8割は動かない原付スクーターです。動かないバイク、長期放置、古いバイクなど買取り対応車種が多数!廃車手続きも含め、バイク費用は一切かかりません。

 

バイク買取実績
ヤマハ JOG ポシェ 買取、無料廃車手続き
練馬区大泉町で売却して頂きました、ヤマハJOGシリーズのポシェになります。不動車、長期放置2年になります。ヤマハのJOGシリーズは買取り強化バイク。動かなくても、長期放置もOK。JOGポシェ買取りの平均価格帯は3000円~10000円
買取り価格 JOGポシェ 3KJ、エンジン不動、買取り価格は5000円
ヤマハJOGポシェ3KJは、主婦をターゲットに発売された。買い物に便利なカゴ付のフロントカバー、メットイン収納などがあり、ヤマハJOGの3KJをベースにしているので、走行もパワフル。
売却時の注意点として、フロントのカゴが、プラスチック製で破損しやすいのでご注意下さい。

 

 

バイク買取り実績
ホンダ トゥデイ
練馬区氷川台で売却して頂きましたホンダトゥデイになります。不動車になりますが、外装の状態も良く、エンジンも問題ありません。ホンダトゥデイは買取り対応バイクです。動かなくてもお問合せ下さい。トゥデイの買取りの平均価格帯は3000円~20000円
買取価格 トゥデイAF61、不動車、外装割れなし、買取り価格は5000円

2002年に10万円を切る94,800円(税抜)で販売開始。低価格の理由は中国での生産。ただし、中国生産に伴う品質管理に問題があり、一車種としては異常ともいえる件数のリコール・改善対策が行われている。

エンジンが止まる、始動不良、外装の塗装剥がれなどの問題がある。発売開始から大ヒットし、発売から15年経った現在でも現役で走行してるバイク。

弊社で買取りしたトゥデイも塗装剥がれが多いく、エンジン始動不良の車体も多い

 

 

バイク買取り実績
ホンダ ライブディオAF34
練馬区谷原で売却して頂いたライブディオになります。長期放置4年以上になり、不動、書類紛失のバイクになります。ライブディオは買取り対応バイクです。状態が悪くなければ売却できます。ライブディオの買取り平均価格帯は2000円~15000円
買取価格 ライブディオAF34、エンジン不動、長期放置、外装割れ、買取り価格3000円
1994年にスーパーディオからフルモデルチェンジし、ホンダディオ、ディオZX、ディオSRの3タイプが同時発売。1988年に初代ディオAF18/25が発売され、2代目スーパーディオAF27/28、3代目がライブディオAF34/35になる。ライブディオは、古い2サイクルディオの中では一番人気で、ライブディオZXなどのスポーツモデルは人気がある。

 

 

 

バイク買取の実績
ヤマハ ビーノSA26
練馬区桜台で売却頂いたビーノになります。4サイクルのビーノで、型式はSA26Jになります。不動車になりますが、外装の割れも少なく、エンジン故障もありません。ビーノSA26Jの買取り平均価格帯は3000円~10000円
買取価格 ビーノSA26J、不動車、外装割れなし、買取り価格8000円
ビーノSA26Jは2004年に排ガス規制に対応した新開発の4ストロークエンジン搭載で発売。ヤマハ初の4ストロークへの変更を行ったスクーターがビーノ。2ストビーノのデザインを継承した、レトロで丸みのある可愛らしデザインで女性に人気。生産拠点は台湾ヤマハになる。

 

 

バイク買取の実績
スズキ レッツ2
練馬区立野町で売却して頂いたレッツ2になります。エンジン始動ありですが、外装の状態は悪いです。色塗り、割れがあります。色塗りは買取りできない車種があります。レッツ2の買取り平均価格帯は2000円~5000円
買取価格 レッツ2、CA1PA、エンジン始動、自家塗装、割れ、買取り価格2000円

レッツ2は1999年に発売開始。レッツのフロントまわりのデザイン変更および、ヘッドライトのハロゲン化、シートの形状変更を行う。マイナーチェンジに伴い、排ガス規制の装備強化し、価格を引き上げた事で販売低迷。販売低迷の理由は、低価格販売しヒットしたレッツより価格が大幅に引き上げられた。

2007年の排ガス規制により2ストロークエンジンの生産ができなくなり生産終了となる。現在でも中古車市場、現行で乗られてる車体を見かける。

買取りの平均価格帯について

買取の平均価格帯は、バイクが買取りできる状態の価格です。事故車、エンジン異音、焼き付き、外装の状態が極端に悪い、サビサビ多数などの状態は含まれません。

買取の平均価格帯は、買取りしてる車種の型式が全て含まれてます。新しいモデルは高額買取りになっています。