小型二輪の廃車手続き方法
原付バイクの廃車買取りは電話1本です。

弊社買取バイクの8割は動かない原付スクーターです。お気軽にお問合せ下さい。

小型二輪(排気量251cc~)バイクの廃車手続きは陸運局で行います。区役所ではできません。登録ナンバーを管轄してる陸運局になりますのでご注意下さい。書類紛失、ナンバープレート紛失、代理人による廃車手続きもできます。

東京23区陸運局一覧

小型二輪の廃車手続きで必要な物

  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート
  • 印鑑(認印)
  • 申請書(第3号様式の2)※窓口に置いてあります。記入が必要
  • 手数料納付書 ※窓口に置いてあります。記入が必要
  • 軽自動車税申告書 ※窓口に置いてあります。記入が必要

※代理人が廃車手続きを行う場合は委任状か譲渡証明書が必要、所有者が法人の場合は委任状に登録時の法人印が必要。書類紛失、ナンバー紛失も廃車手続きはできます。小型二輪は廃車書類(自動車検査証返納証明書)を紛失の場合は再発行できませんので大切に保管しましょう。

※小型2輪(251cc以上)バイクで記入が必要な書類の一覧と記入例

PDFファイル一覧

陸運局で廃車手続き窓口の順序

各陸運局で手続きする窓口の場所が違います。案内板などが場内にありますので、参照して下さい。廃車手続きの窓口の流れになります。

①ナンバーの返却 

ナンバーを返却する窓口がありますので、ナンバープレートと手数料納付書(記入済み)を提出します。

小型二輪は手数料350円の印紙購入が必要です。(自動車検査登録印紙)

ナンバーはこの時点で返却になり、押印された手数料納付書が返却されます。

②運輸支局窓口に、記入した以下の用紙を提出します

軽自動車税申告書は提出の窓口が他にある陸運局もありますので確認して下さい。

※提出書類が分からない場合は、窓口で確認して下さい。

  • 申請書(第3号様式の2)
  • 軽自動車税申告書(報告書)
  • 手数料納付書
  • 軽自動車届出済証

③税止めの手続き

廃車手続きが完了すれば窓口で軽自動車届出済証返納証明書を受け取り終了ですが、

税止めの手続きを違う窓口で行わなければならない陸運局もありますので、窓口で確認して下さい。

申請書(第3号様式の2)

※251cc以上バイクの廃車時に記入する用紙 ※陸運局窓口に置いてあります(無料)

小型二輪【排気量251cc以上】バイクの廃車手続きは申請書(第3号様式の2)に記入します。書き方の見本などは陸運局に置いてありますので、確認して記入しましょう。

  1. 目的に合ったものを選択します。
  2. 目的に合ったものを選択します。
  3. 車検証を見て 自動車登録番号(ナンバープレート)、車体番号(下7桁)を記入
  4. 所有者の住所、名前 ※ナンバー登録時の住所を記入

記入例はこちら

PDFファイルダウンロード

手数料納付書 251cc以上バイクの廃車時に記入する用紙

手数料納付書とは、名義変更や廃車、住所変更などの手続きに手数料を納める為の書類です。こちらの手数料納付書に350円の印紙を貼り申請します。

こちらの書類はナンバー返納の窓口などに置いてあります。(無料)

  1. 自動車登録番号(ナンバープレートの番号)か車体番号を記入
  2. 所有者か使用者の氏名
  3. 代理人が申請の場合は代理人の名前、電話番号
  4. 目的に合ったものにチェック
  5. 窓口で購入した350円の印紙を貼ります

軽自動車税申告書 251cc以上バイクの廃車時に記入する用紙

運輸支局(自動車検査事務所)内の自動車税事務所にて、来年度から軽自動車税がかからないように申請をしておきます。手続きの窓口は陸運局によって違いますので確認して下さい。

こちらの書類は窓口付近に置いてあります。(無料)

  1. 目的に合ったものを選択
  2. ナンバープレートの番号
  3. 納税義務者の住所
  4. 納税義務者の氏名
  5. 所有者、使用者が同じ場合は同上と記入
  6. 車検証を見て記入

自動車検査証

小型二輪の廃車手続きで窓口で提出する書類です。紛失の場合でも理由書を書けば廃車手続きはできます。

小型二輪の廃車手続き完了時に発行される書類

自動車検査証返納証明書 

小型二輪の廃車書類になります。再登録、譲渡などで使うので大切に保管しましょう。 紛失の場合は再発行できません。